センター紹介

設立趣意書

                           ≪一般社団法人とっとり被害者支援センター設立趣意書≫

 

 

 安全で安心して暮らせる社会を実現することは、県民すべての願いである。


 しかしながら、近年、事件・事故が頻発し、誰もが犯罪等の被害の当事者となる可能性が高まる

 

中で、犯罪等の被害者や遺族・家族は、直接心身に深い傷を負うにとどまらず、その後の生活基

 

盤の崩壊や、周囲の心ない言葉などの副次的被害に苦しめられる場面も少なくなかった。


 このような情勢の中で、犯罪被害者等の視点に立った施策を講じ、その権利利益の保護が図られ

 

る社会の実現を図る観点から、平成17年に「犯罪被害者等基本法」が施行され、犯罪被害者等の

 

ための施策の基本理念及び方向性が示されたところである。本県においても、本年6月に、「鳥取県

 

犯罪のないまちづくり推進条例」が制定され、県が犯罪被害者等に対する支援や県民の理解を得る

 

ための施策に取り組むべき旨が規定された。

 

 一方、犯罪被害者等が被害を受けてから再び平穏な生活を営むことができるようになるまで、犯罪

 

被害者等に寄り添い、きめ細かな支援を長期にわたり展開する中心的担い手として、「民間被害者

 

支援団体」が全国各地で設立され、犯罪被害者等に対する支援の輪が広がりを見せているところで

 

ある。

 

 本県においては、これまで「民間被害者支援団体」が設立されておらず、犯罪被害者等になった県

 

民は、他県では受けられる支援やサービスを受けることができないといった憂慮すべき状況が見られ

 

るに至った。

 

 このような事態を打開し、本県における犯罪被害者等の権利利益の保護を推進し、社会全体で犯

 

罪被害者等を支えていく機運を醸成することを目的として、ここに、民間による犯罪被害者等の支援

 

活動の拠点として、「一般社団法人とっとり被害者支援センター」を設立するものである。

                         

                                                                 

                                                                                平成20年12月5日

 

                                                                              理事長  落 合  潮