お知らせ一覧

鳥取県被害者支援フォーラムの開催について~予告

2017年10月19日 11:14
 今年も鳥取県と鳥取県警察と共同で、犯罪被害者ご遺族の講演などを通じて、社会全体による被害者支援の必要性について県民の皆様に理解を深めていただくため、「鳥取県被害者支援フォーラム」を開催します。開催内容等については次のとおりです。入場料は無料です。多くの皆様のご来場お待ち申し上げます。
 
 日時  平成29年11月22日(水) 13:30~16:20
 場所  鳥取県立倉吉未来中心小ホール(倉吉市駄経寺町212-5)
 内容  13:30~13:50 開会、関係者挨拶
     13:50~14:00 表彰式
     14:10~14:30 警察音楽隊演奏
     14:40~16:10 講演
               演題「歩と生きる」
               講師 中谷 加代子 氏 
     16:20     閉会
◎講師の中谷加代子さんは、2006年、当時高等専門学校5年生の長女歩さんを学校内の研究室で同級生の少年に殺害された犯罪被害者遺族で、山口県にお住まいの方です。

 チラシを添付しますのでご覧ください。H29鳥取県被害者支援フォーラムちらし.pdf 

命の大切さを学ぶ教室の開催~№9

2017年9月29日 15:43
 平成29年9月27日、鳥取県立八頭高等学校(八頭郡八頭町久能寺725)において、少年犯罪被害者遺族の一井彩子さんを講師に「命の大切さを学ぶ教室」を開催しました。
 今から23年前に少年達の暴力等により長男を亡くされた大阪府在住の一井彩子さんは、自らの体験から生徒達に向けて「相手の立場で考える、思いやりをもつ、人の痛みが分かること」等強いメッセージを訴えられました。
 参加した全校生徒、保護者、教職員は皆静かに熱心に聴講していました。

講演の様子
RIMG0256.JPG

「被害者支援を考える講演会」を開催しました

2017年9月13日 14:51
 平成29年9月9日(土)午後2時から午後4時までの間、米子市文化ホールイベントホール(米子市末広町293)において「被害者支援を考える講演会」を開催し、約110名の方が参加しました。
 講師は、2005年4月25日に発生したJR福知山線脱線事故の被害者 山下亮輔さん に「18歳の生存者」と題して講演していただきました。
 山下さんは、大学1年の時に事故に遭遇し、原形のなくなった先頭車両に乗っており救出までに18時間要したこと、その後両足の切断の選択を迫られるが主治医の判断で両足を残し、壊死による40度を超える高熱と過酷なリハビリを続け、3ヶ月目に外出した時に日差しや風を感じ、「早く復学したい」と強く思いリハビリに意欲が涌いたこと、親身に接してくれた病院スタッフに事故当時の様子を話したことで事故に向き合えたこと、などのお話しをされ、自身が作詞した歌をギターを弾きながら披露していただきました。
 山下さんは「話すことで自身の精神的な面が楽になり不安にならずに思い出としてまとめることができ、このように講演活動もできる。周囲に悩みを抱えている人がいたら話を聴いてほしい。それが支援の一つだと思う」と呼びかけられました。
 ギターの弾き語りは思いが込められており、山下さんのメッセージに参加者は皆感動しました。
   また、ロビーでは犯罪被害者自助グループ「なごみの会」のパネル展示も行いました。

講演の様子
P1010206.jpg

P1010203.jpg
P1010209.jpg
なごみの会のパネル展示
P1010191.jpg
会場入り口の様子
P1010195.jpg

「被害者支援を考える講演会」の開催について~終了しました

2017年8月 8日 10:13
 当センターでは、より多くの県民が被害者支援の気運を高め、被害者も加害者もださない安全で安心して暮らせる社会の実現を目指すことを目的に、鳥取県と鳥取県警察と共催で「被害者支援を考える講演会」を開催します。今年で4回目の開催となりますが、今回は、たくさんの方が犠牲となられましたJR福知山線脱線事故の被害に遭われた方のお話を拝聴し、被害者支援とは何かを考える機会にしたいと考えています。
 入場は無料です。多くの方の参加をお待ちしています。 

日時 平成29年9月9日(土)午後2時~午後4時
場所 米子市文化ホールイベントホール(米子市末広町293)
講師 山下亮輔氏(JR福知山線脱線事故被害者)
演題 18歳の生存者
             ※講師プロフィール等詳細につきましてはチラシをご覧ください。
 

命の大切さを学ぶ教室の開催~Ⅴ

2017年7月20日 11:01
 命の大切さを学ぶ教室を、平成29年6月29日(木)、鳥取県立青谷高等学校において、講師に少年犯罪被害者遺族の中谷加代子さん(山口県在住)をお招きし開催しました。 また、7月3日(月)、4日(火)、6日(木)には琴浦町立赤碕中学校において、講師に少年犯罪被害者遺族の一井彩子さん(大阪府在住)、高松由美子さん(兵庫県在住)をお招きし開催しました。
 秋頃からは、依頼のある学校へ出向き教室を再開していきます。

命の大切さを学ぶ教室の開催~Ⅳ

2017年6月30日 12:03
 平成29年6月27日、三朝町立三朝中学校(東伯郡三朝町本泉)において、「命の大切さを学ぶ教室」を開催しました。講師は少年犯罪被害者遺族の高松由美子さん(兵庫県在住)にお願いし講演していただきました。講演の中で「指1本でも凶器になる」という言葉等をきき、参加した3年生約47名は、真剣な表情で聴き入っていました。講演には被害に遭った長男さんのオブジェを横に展示していたので、講演終了後生徒達は熱心にオブジェを見て身近に感じとっていました。

RIMG0232.JPG


命の大切さを学ぶ教室~Ⅲ

2017年6月23日 11:40
 平成29年6月15日(木)、鳥取県立鳥取商業高等学校(鳥取市湖山町北2丁目401)において、命の大切さを学ぶ教室を開催しました。講師は少年犯罪被害者遺族の市原千代子さん(岡山県在住)に来ていただき講演していただきました。参加した3年生約173名は市原さんの話に静かに耳を傾け、講演終了後には、生徒代表が「市原さんから今回聞いた話を忘れずに、これからの自分達の将来に生かしていきたい」とお礼の言葉を述べていました。

講演の様子
RIMG0226.JPG



平成29年度定時総会の開催

2017年6月 8日 11:25
 平成29年6月7日、鳥取県庁第2庁舎第32会議室において平成29年度定時総会を開催しました。提出された第1号議案「平成28年度事業報告」、第2号議案「平成28年度収支決算報告」、第3号議案「役員選任(案)」は審議の結果全て承認されました。役員退任に伴い3名の新役員が決まりました。

総会の様子
総会.JPG

命の大切さを学ぶ教室の開催~Ⅱ

2017年6月 8日 11:00
 平成29年6月6日(火)、湯梨浜町立北溟中学校(東伯郡湯梨浜町田後)において、「命の大切さを学ぶ教室」を開催しました。1,2年生約210名が参加し犯罪被害者遺族の市原千代子さん(岡山県在住)が講演しました。市原さんは生徒達にとって身近ないじめ問題など「被害者にも加害者にもならないために」どうしたらいいのかを体験を交えて語られ、市原さんの言葉に生徒達は真剣は表情で聞き入っていました。

講演の様子
RIMG0195.JPG

平成29年度支援活動員(被害者支援ボランティア)採用時養成講座の開始

2017年5月22日 14:09
平成29年度支援活動員(被害者支援ボランティア)採用時養成講座を平成29年5月20日(土)に開始しました。
第10期生支援活動員(被害者支援ボランティア)として2月から3月にかけて募集しておりましたが、6名の方に受講していただくことになりました。受講者には被害者支援の必要な基礎知識等について全6回の養成講座を受けていただきます。
 
 第1回目の講座の様子
養成講座.jpg